top of page

難!




「難」にはいくつかの呼び方があります。



辞書で調べてみると



苦難:苦しみや困難。


困難:物事をするのが非常に難しい事。


災難:思いがけず身に降りかかってくる不幸な出来事。


無難:危険のない事、間違いの無い事、欠点のない事、特に優れているわけではないが格別の欠点も見当たらないこと。難のない事


有難:存在が稀、めったにない事、かたじけないこと、難があること。



とありますが、苦難や困難、災難に会いたい人はあまりいないでしょう。



しかし「有難」と書くと、難があるのに喜びの事となってしまう。



何故「難が」があるのに喜ばなきゃならないんでしょう?



それよりも難が無い「無難」の方が一番ありがたいんじゃないでしょうか?



淡々と過ごす日々。



代り映えはしないけど、安心の日々。



うん、ありがたい。



ふと、そんなことを思う一日でした。




◆肩こり・頭痛・めまいでお困りの方は[整体]へ過去の記事はこちらから


◆過去の記憶や親子関係でお悩みの方は[ヒプノセラピー]過去の記事はこちらから


◆仕事、結婚など人生のことでのお悩みは[運命鑑定] 過去の記事はこちらから

閲覧数:0回0件のコメント

Comentários


bottom of page