top of page

天気痛(気象痛)

「天気痛(気象痛)」をご存知ですか?



強風が吹く前や、天気が崩れる前などに頭痛やめまいなどの症状が現れることです。


近頃はこの症状がかなり多くなっているようですが、原因は耳の奥にある内耳の気圧センサーが、気圧の変化を感知する際に過剰に反応し、それによって自律神経のバランスが乱れて様々な不調をきたすことが今までの研究からわかってきたようです。


特に耳の周りの血行が悪くなると、内耳がむくんで過敏になり症状が現れるようですが、血行が悪くなる原因と言えば冷えやコリがその原因になるでしょう。


天気痛でなくても、普段から首筋が凝ることで頭痛になることはよくあることで、首をほぐし血行を良くするとすぐ改善します。


天気痛の場合は、首筋だけでなく、耳の後ろのツボのある場所を、温めるように弛めることで改善に向かいます。


また普段から首周辺を温めゆるめるようにすればなお良いでしょう。


頭痛やめまいなどの不快な症状があらわれては日々を楽しく過ごすことはできません。


コリから来る症状ならば、身体をゆるめて温める。それだけで改善する症状は、実はかなり多いです。


快適な日々を過ごすためにも、コリは早くほぐしましょう。



あなたの一日がより素晴らしいものとなりますように👍


________________________________________✒️



◆肩こり・頭痛・めまいでお困りの方は[整体]へ過去の記事はこちらから

◆過去の記憶や親子関係でお悩みの方は[ヒプノセラピー]過去の記事はこちらから

◆仕事、結婚など人生のことでのお悩みは[運命鑑定] 過去の記事はこちらから

閲覧数:0回0件のコメント

Comentarios


bottom of page